過去の記事
カテゴリ
リンクとトラバについて
記事を検索


Links
その他
Powered by
Movable Type 4.261

2005年 1月 16日

BIG,BIGGER,BIGGEST! The Best Of MR.BIG(MR.BIG)

投稿者 by tak@taknews.net at 11:39 / カテゴリ: 17CD感想 , HR/HM / コメント (1) / トラックバック (1)

 とりあえずたまに持っているCDの感想を書いていこうと思う。一日一枚でも半年近くは持つと思うが(数えてないけどもっとあるかな)、到底そんなペースにならないと思うのであしからず。ちなみにテキストを書くときは必ずその曲を聴きながら書くことにする。

BIG,BIGGER,BIGGEST! The Best Of MR.BIG
BIG,BIGGER,BIGGEST! The Best Of MR.BIG
 このアルバムはもう絶対に外すことができない。何が何でも一番に書かなければならないだろう。それは高校生の頃だった。ヴィジュアル系なるものが大流行していて何となく違和感を持っている悶々として工房であった。思いつきでギターを購入したが何から引けばいいかも思い浮かばない。なんせ音楽を聴く習慣が皆無だったからだ。とりあえず流行っているバンドのバンスコを購入し(あれ!?違和感は・・・汗)適当にTAB譜を引いていた。そんな折に一緒に帰る友人が突如「MR.BIGって知っている?」と聞いてきた。私は泡を食った。え、何それ?という感じ。さらに彼は全米で一位を取った「To be with you知っている?」と助け舟を出してくれた。けど知らない・・・そこで私は一枚のMDを借りた。それがこのBIG,BIGGER,BIGGEST!であった。

 一曲目を早速再生する。そもそもMR.BIGなんてなんてダサい名前なんだ。曲名はダディーなんちゃらと表示される。こいつもだせー名前だなと思っていたのもつかの間、冒頭のバイクをふかす音に続き、エリックのシャウトで世界が開かれた。この疾走感は何なんだ!それよくわからないけど、うますぎる!何だこのはやびき?え!マキタのドリル〜〜〜!とガキの心は鷲づかみにされてしまった。彼らのパワーにノックアウト。次には例のTo be with youを視聴。何なんだこのバラードは!日本の愛だの恋だのいうバラードとは全然質が違う。(最近サラ金がCMで使っていた。汚すんじゃねぇ!怒)
 MR.BIGの長所はポール、ビリー、パットの楽器軍団の超絶テクニックを全面にだして押しまくるだけではないところだ。超絶テクニックをバックグラウンドとしてある種のポップス・ハードロックを形成したところが素晴らしい。ハードロック史に残るハイスピードナンバーを残しながらも数々の名曲バラードを作ってきた。その中でも代表格、To be with youは本人たちも言っているが、もう二度と同じレベルではとれないだろう。あの「空気」を醸成させることは他のバンドはおろか彼らにももうできないのだ。そういう意味でも時代の寵児であったのは間違いない。

 私の中ではエリックのシャウトが音楽の世界へと誘ったのでどうしても忘れられない一枚だ。

Bulkfeeds で関連記事検索
題名 911テロ以降、ラジオで全曲が自粛されたバンド
概要 Rage Against The Machine ライヴ・アット・グランド・オリンピック・オーディトリウム 今年の10月18日で解散から5年経つこと...
ウェブログ: keif blog
時刻: 2005年9月28日 00:27
コメント

Etats Unis ce demande a la majeure partie des personnes souffrant ce qui permet a la poitrine ne devraient specifiee par votre medecin. http://eurotadalafil.com Cette histoire du relachement des muscles lisses 186 patients 142 sous ladministration de doses superieures.

投稿者 by: SleteCeSLic at 2012年2月22日 19:22
コメントを投稿する












名前、アドレスを登録しますか?