過去の記事
カテゴリ
リンクとトラバについて
記事を検索


Links
その他
Powered by
Movable Type 4.261

2004年 7月 09日

もうプロ野球はみない(くりめぐのほうがみたい!?)

投稿者 by tak@taknews.net at 23:43 / カテゴリ: 10スポーツ / コメント (0) / トラックバック (0)

日本プロ野球は「終わりの始まり」を迎えた。

非常に短期間のうちにオリックス近鉄合併、そしてもう一チーム合併さらに10球団による一リーグ制へと急ピッチに進んでいる。
密室会議でがんがんに話しお勧めていることから考えてやはり一リーグ制ありきで「再編」とやらをやっているのだろう。まずはその問題の一リーグ制について考えようと思う。

・メリット
パ・リーグ各球団にしてみれば巨人戦が増えれば放映権料が入る
巨人×西武などの今まで見れなかったカードが楽しめる

が主なメリットであろう。しかしどちらも一リーグにしなくとも解決できる問題だ。
まず放映権料は各球団の懐に入れるのではなく一度プールして再分配するシステムにすればよい。
日本のバカオーナーは「そんなことしたらうちが金を集めたのに少なくなる!」というだろう。しかし少し考えればわかることだが巨人だけが金持ちで強いだけでは確実に巨人も人気がなくなるだろう。各球団が競るからこそ面白いのだ。テレビ局からも見放される日もそうそう遠くはないだろう。(日テレだけは低視聴率に苦悩しつつ放送するか)
今まで見れなかったカードについてはインターリーグで十分解決できる。先日大リーグでサブウェイシリーズが行われたがあの盛り上がりを見ればただ単に同じリーグに入れて戦わせるのではなくインターリーグで十分に盛り上がりお客さんも増えることがわかる。むしろインターリーグでの戦いのみにすることにより年間の試合数は限られよりヒートアップしているのかもしれない。

次にデメリットはなんと言っても日本シリーズがなくなることだ。ポストシーズンが日米どちらも一番盛り上がるときだ。しかしこれがなくなってしまう。会社の宣伝をさせたいオーナー連中なら日本シリーズでの経済効果の大きさをみすみす逃すのはばかげている。
と思ったら上位4チームでやるという噂もちらほら。。。それでは権威がなくなってしまう。アメリカではディビジョンシリーズに出られるのはディビジョン(各4〜6球団)優勝のチーム+ワイルドカードで各リーグ3チームある2位の中から1チームずつのみが出場できる。そこにはワイルドカード争い(しかも直接対決はない場合が多い)というまた別の戦いをあり面白いのだが日本では10球団中4球団が自動的にでてしまうとは・・・それはさすがに日本選手権とはいえまい。

他にもダイエーは集客の面では成功していたのだがそれがどう変わるかも大きな問題だ。これからの時代中央集権型のシステムから分散型のシステムへと移行していこうというマクロな動きが見て取れる。そのような社会の中で人気球団になるには地域に根ざすことが重要だ。それをうまくやっていたダイエーがなくなればはてどうなることやら・・・その点は日本野球界はJリーグを見習った方が良いだろう。アルビレックス新潟の集客能力、部活ではなくJリーグの下部組織で育った選手が相当数でてきていることなど学ぶことは実に多い。中央集権的なものに寄ってきた最後の世代の人たちもまだ現役でもこれからはどんどん老いていく。もっと早いところではそのような方々の子供がドラフトで選ばれる世代をもう間もなく超えるだろう(ドラフトで「巨人以外いきません」というやつはほぼ全員中央集権的なものに寄るないしコンプレックスを抱く親父を持っていると私は思っている。ようは親父の影響)。さてどうするつもり?日本プロ野球界よ。

今回の一リーグへのプロセスは選手、ファンへの冒涜だ。
私は野球が本当に好きだ。ガキのころから大好きだ。今はなき西宮球場(ブルーサンダー打線なんて懐かしい)、グリーンスタジアム神戸などに足繁く通ったものだ。関東にきてからも西武球場、東京ドームに何度も行っている。オリックスが日本一になった年の9.17、西武球場でリーグ優勝を決めた試合を観戦した時の想いも忘れられない。
だからこそ抗議のために球場へはいかないしテレビ中継も見ない。これであほオーナーにわからせる運動を皆さんやりませんか?

(ここからはオーナー連中への愚痴)
なべつな当初「サラ金はだめ」といっていたがオリックスなんてサラ金と目糞鼻糞ではないか。
パチンコ乱立させたのはオリックスが金貸したからだといわれれば宮内はどう答える?

マル激で二宮さんも仰っていたがオーナー連中は野球なんてはなっから好きではないのだろう。
空き地でボールを追いかける風景が彼らには微塵も感じられない。そんなこといったらなべつねは戦争の話しして例の友人の話をしだすか・・・

オーナー連中は球団は自分が買った=私有財産と考えているが大間違いだ。球団は公共財産である。
てめえらが社会システムの中で金を儲けているのだからそのくらい社会に還元するのが当たり前なくらいだ。またその還元により自分の名誉も大いに高まり一石二鳥だと思うのだが。まあばか日本人オーナーにこんなこといっても無駄なんでしょうが。

Bulkfeeds で関連記事検索
コメント
コメントを投稿する












名前、アドレスを登録しますか?